年越しそばの由来について


こんにちは。ハコネラインです。

もう間もなく大晦日。日本では大晦日に縁起を担いで食べる「年越し蕎麦」という風習があります。

今回はその年越し蕎麦の由来と、各地の年越し料理について調べて参りましたので、ご一読ください。

 

歴史と由来

大晦日に蕎麦を食べる風習は、江戸時代には定着していたそうです。

蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、年越しに種られていたようですね。

その他こんな説も・・・

・蕎麦は細く長いことから延命・長寿を願ったものであるとする説

・蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという説

・金銀細工師が金箔を延ばす為にそば粉を用いたとする説

・家族の縁が長く続くようにとの意味であるとの説

引っ越し蕎麦なんて言って食べられる蕎麦も、上記の理由と同様のものもありますね。

 

各地の風習

年越し料理は蕎麦だけではありません。各地ではどのような料理を食べているのでしょうか。

 

北海道

北海道の大晦日は「年越しそば」ならぬ「年越し寿司」
いか、まぐろ、さけ、かに、うに、いくらなど海の幸をふんだんに使った握り寿司や、海鮮ちらし寿司で新年を迎えます。

 

長野

長野県は「年取り汁」
交通手段がままならなかった時代、海産物を含めた加工品は貴重な高級品でした。
具沢山の「年取り汁」は、特別な日の料理として食べられ、年が明けるとこの汁で雑煮が作られます。

 

香川

香川の年越しはやっぱり「うどん」
これといった決まりはなく、かま玉、生醤油、冷やしつけ、釜揚げ、天ぷら、しっぽく、肉汁づけなど、うどんのおいしさを家それぞれの味で堪能します。

 

福岡

福岡は「ぶりの刺身」
福岡の年迎えには、出世魚のぶりが欠かせません。年越しの「刺身」にはじまり、新年の「照り焼き」、さらに骨ごと使った「煮物」まで。
“ぶりに始まり、ぶりに終わり”ます。

 

日本の伝統文化や行事は、旧暦を基本にしています。
正月のおせち料理も例外ではなく、もともとは無事に一年をすごし終えた喜びを分かち合いながら大晦日の夜に食べられていた膳料理だったそうです。

引用:日本全国年越し自慢

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。年越し蕎麦の由来や、各地の年越し料理について初めて知ったことも多くあったと思います。

そうそう。蕎麦は消化も良く、夜食にも適しているというのも理由のひとつだそうです。

でも、天ぷらの食べ過ぎにはご注意くださいねー。では、よいお年を。