人気再燃!!「鴨肉のコンフィ」とは?


ハコネラインです。

鴨肉のコンフィが今年も人気なんですって!

名前はよく聞くけどどんなものなの?

詳しく知らない人のために、紹介させていただきます!

 

そもそもコンフィって何?

コンフィとは、フランス語で「保存」を意味するコンフィル(confire)が語源。名前の通り食材の保存性を高めた調理法です。昔、冷蔵庫の無い時代の産物で、いかにして食材の保存しを高めるかと生み出されました。

近いものに「コンフィチュール」があります。こちらは一般的にいうところのジャム。果物を長期保存させるために砂糖の中で保存したものです。

 

「オイルで煮る」という調理法

見出し通りコンフィはオイルで煮るという調理法です。一見オーブンで焼いただけの様に見えますが、調理法は意外と手間と時間がかかるものです。では、簡単に行程を紹介しましょう。

 

①鴨肉(骨付きモモ肉)にフォークで穴を開け、塩コショウ、ニンニク、ハーブでマリネをして一晩寝かせる。

②水分をよく拭き取った鴨肉を、80℃に熱した動物性脂(ラード)の中で4時間煮込む。(温度は一定のまま)

③火を止め、冷めたら冷蔵庫で一日置く。

④冷めたラードはまるで蝋の様。沈んでいる鴨肉を取り出し周りの脂をふき取る。

⑤表面をフライパンでカリッと焼いた後にオーブンへ。

⑥付け合わせの野菜を添えたら完成。粒マスタードだけでも合います。

 

では実食!

表面はパリッと、中はホロっと柔らかい。低温で時間をかけて煮込んだため、肉の旨味が外へ逃げずジューシーに仕上がっています。オイルで煮込んだ割りには余計な油を感じませんので、イメージよりもサッパリとした味わいです。

お店によって下味を強く利かせているところや、ハーブの調合で個性を出していたり比べる楽しさのある料理です。赤ワインとの相性の良さも格別ですね。

特に冬になると多くメニューに並ぶ料理ですので、一度ご賞味ください!

 

料理協力

グリーンヒルズ草庵