コンソメとブイヨンの違いとは?


どうも。ハコネラインです。

突然ですがコンソメとブイヨンの違いはご存知ですか?

固形や粉末タイプで市販されていますが、両者の違いは何でしょう。

今回はそんなコンソメとブイヨンの違いについて調べて参りました。

 

コンソメとブイヨンの違い

この二つは主にフランス料理で使用されており、スープなどを作る上で欠かせない存在です。

では、この二つの違いはなんでしょう。

多少強引ではありますが日本食に当てはめると、ブイヨンは出汁、コンソメは味噌汁と例えられます。

昆布や鰹節などの旨味を抽出した出汁に、味噌を加え味を調えて完成される味噌汁

つまり、下味やベースにあたるものがブイヨンで、そのブイヨンを元に味を調え飲める状態にしたものがコンソメなのです。

 

ブイヨンについて

先に少し触れましたが、ブイヨンはフランス語で出汁を意味します。

基本のブイヨンは鶏ガラと香味野菜を用いて長時間煮込み作られます。

ブイヨンにはいくつか種類があり、牛骨を使ったもの、魚介を使ったもの、野菜のみで作ったものなどがあります。

ブイヨンはスープなどの出汁の状態のため、塩分は含まれません

このブイヨンにトウモロコシと生クリームを足せばコーンポタージュに。

 

コンソメについて

コンソメはフランス語で完成されたという意味があります。

塩分を加え調整されていますので、そのまま頂けます。

作り方は、ベースであるブイヨンに、肉のミンチ・卵白などを使ったハンバーグのタネのような練り物を加え煮込んでいきます。

煮込みながら濾していき、黄金色に澄んだ状態が完成です。

 

まとめ

レストランにおいて、他店との味の違いすなわち店の味は、このブイヨンやコンソメといったベースの味が大部分を占めています。

その為、コンソメスープが美味しいお店は評価が高く、実際何を食べても美味しいと感じます。

コックさんが手間暇かけて作っていますので、どこかで味わう機会があれば、どうかこの事を思い出してみてください。