箱根駅伝の予想通過時間と場所。


こんにちは。ハコネラインです。
正月の風物詩といえば、箱根駅伝を上げる方も多いと存じます。

そんな箱根駅伝の知識についてまだまだ浅い私が、この機会に深く知りたいと思い調べて参りました。

箱根駅伝とは

正式名称

「東京箱根間往復大学駅伝競走」
通称「箱根駅伝」2018年は第94回。

 

参加資格

駅伝と言えば箱根駅伝という程、全国的に知名度の高い駅伝大会ですが、実は関東学連加盟校にある大学のみが参加資格を持つ大会。なので、関東以外の大学は出場していません。

 

出場条件

出場校は、前年大会でシード権を得た大学10校と、予選を通過した10校の計20校、それに関東学生連合チームを加えた21チームが出場します。※シード権は10位以内に入ると与えられる。

 

日程

毎年1月2日と3日の二日間に分けて行われます。両日ともスタート時間は8:00

 

コース(競走路)

一日目は東京の読売新聞社前(大手町)からスタートし、箱根町芦ノ湖駐車場入口まで。

二日目は箱根からスタートし、東京までの往復217.1kmを走ります。
ちなみに一日目は「往路」、二日目を「復路」と呼びます。

 

区間

二日間に渡って行う箱根駅伝。往路1~5区。復路6~10区と分け、それぞれの区間の距離は約20km。

箱根を走るコースは5区、6区
標高、気温ともに高低差のある箱根をどう走り切れるかが勝負のポイントでもある。

 

箱根駅伝の歴史

箱根駅伝のはじまりは1920年。
その3年前に行った、京都・東京間を昼夜兼行で開催された「東海道駅伝」の成功が原型となっているそうです。

第一回目の出場校はたった4校(早大、慶大、明大、東京高師(現筑波大))。
開催日は2月14日に行われました。
正月に行われるようになったのは、第31回目の1955年から。

次回(2018年)で94回目。大正時代から始まった長い歴史を持つ大会なんですね。

 

優勝トロフィー


引用:海外赴任ガイド

あまり知られていませんが、箱根駅伝の優勝トロフィーは、箱根の伝統工芸「寄木細工」で作られています。

制作者は畑宿に住む金指勝悦さんによるもの。毎年デザインを一から考え制作されており、お店には歴代の試作品が展示されています。

オリジナルの寄木細工を作れる体験工房→
金指ウッドクラフト

 

箱根の通過予定時間

第5区(往路)

通過時間 通過場所
12:14頃 鈴廣かまぼこの里
(小田原中継所)
12:24頃 箱根湯本駅
12:39頃 大平台バス停
12:47頃 宮ノ下交差点
12:53頃 箱根小涌園
13:07頃 ドールハウス美術館
(旧芦ノ湖フラワーパーク)
13:17頃 元箱根交差点
13:18頃 箱根神社大鳥居
13:25頃 芦ノ湖ゴール

 

第6区(複路)

通過時間 通過場所
8:00 芦ノ湖スタート
8:05頃 箱根神社大鳥居
8:06頃 元箱根交差点
8:14頃 ドールハウス美術館
(旧芦ノ湖フラワーパーク)
8:26頃 箱根小涌園
8:33頃 宮ノ下交差点
8:40頃 大平台バス停
8:50頃 箱根湯本駅
8:58頃 鈴廣かまぼこの里
(小田原中継所)

 

まとめ

箱根で働く人たちは、正月をこたつの中で過ごす人は少ないと思います。駅伝について予備知識を付けると、少しだけお客さんとの会話も膨らむはず。

私の職場は仙石原のため、未だ生で見たことが無い。

いつか時間があったら見に行きたいなー。