公魚と書いて「わかさぎ」と呼ぶ由来について調べてみた。


どうもハコネラインです。

皆さん、ワカサギはご存知ですよね?

冬場になると、凍った湖上に小さな穴を開け、ワカサギを釣り揚げるその姿は冬の風物詩にもなっています。

そのワカサギ、実は芦ノ湖でも獲れるんです。

 

ワカサギとは?

ワカサギは、キュウリウオ目キュウリウオ科の魚類の一種。日本の内湾や湖に生息する淡水魚、食用魚でもある。生息分布は太平洋側では千葉県から北。日本海側では島根県より北と割と広い。

キュウリウオが気になって危うく脱線しそうになりましたが、ワカサギはやはり水温が低い方が生息しやすいそうです。

 

どんな味?

ワカサギの味はとても淡泊で食べやすい。秋の深まりと共に脂がのり、身がしまって適度に脂も落ちる冬から春先が旬です。調理法は、天ぷらやから揚げが一般的です。エスカベッシュ(南蛮漬け)にしても美味。

 

名前の由来は?

かつての常陸国麻生藩(現在の茨城県行方市麻生)が、徳川11代将軍徳川家斉に年貢として霞ヶ浦のワカサギを納め、公儀御用魚とされたことが由来だそうです。

江戸時代にお殿様へ献上していた事で公儀御用魚。転じて公魚となったというわけです。

 

語源について

一説にはワカサギのワカは、「沸く(大量に発生する)」という意味と、「サギ(溢れ出るという表現、擬態語のザクザク)」を合わせて生まれたとか。ワカサギは沢山の群れで行動しているからだそうです。

 

芦ノ湖のワカサギも献上魚?

芦ノ湖では、毎年10月1日にワカサギ刺網漁が解禁となると、その初漁のワカサギを箱根神社に奉納、宮内庁に献上されるそうです。また、昭和60年よりかながわの名産百選にも選ばれ、現在は箱根の特産品のひとつに数えられています。

献上魚として選ばれる理由は、美味しいからこそ。水質の綺麗な芦ノ湖だから美味しく育ったのでしょうね。

 

まとめ

この記事を読んだ皆さんは、もう箱根のワカサギを食べずにはいられませんね。また、釣りをしてみたいあなた!芦ノ湖周辺では、ワカサギ釣りのための貸しボート屋さんが多くあります。初心者でも優しく教えてくれるはず!自分で釣った魚を食べる醍醐味を是非味わってみて下さい。