元箱根の石仏群


道1号線最高地点を越え芦ノ湖方面に進んだ先、精進ヶ池のほとりにある石仏群です。かつて険しい山道や噴煙が立ち上る荒涼とした風景だったこの地は、人々に「地獄」と恐れられていました。そこで多くの石仏や石塔が造られ地蔵信仰の聖地とされました。天然の岩に彫られた高さ約3.5メートルの座像「六道地蔵」や「二十五菩薩」、「曾我兄弟の墓」など、箱根の歴史を感じることができます。

マップ