甘酒茶屋


400年の伝統を持つ茶店。江戸時代は箱根の関所を前にした休憩所として、現代は箱根を歩くハイカーの休憩所としても親しまれている。忠臣蔵の芝居の神崎与五郎詫証文の舞台となる茶店であり、旅行経験のない江戸市民にも高い知名度を誇っていた。甘酒は、江戸時代から使われている麹を発酵させ、砂糖を加えないで甘さを引き出す伝統的手法で製造している。

基本情報

名称 甘酒茶屋
電話番号 0460-83-6418
HP amasake-chaya.jp








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です